引っ越し業者を決める時のポイントを知りたい!

これから引越しを考えている方で、引越し単身パックを利用したい方も多いと思います。

ただ急な用事が入ったり、体調を崩してしまう事もあるかもしれません。

その場合は、何日前ならキャンセルは可能なのでしょうか。

一般的には3日前までならキャンセル可能となっています。

また、引越しの申し込みは何日前から予約可能なのでしょうか。

2~3週間前からだと業者も予定がはっきりしているので、比較的予約がとりやすいとされています。

ただし、前日や当日でも予約可能な業者もあるので色々調べてみると良いでしょう。

いくらぐらいの料金がかかるのか?見積もりも一緒に出してもらうと良いでしょう。

その上でどこの業者の引越し単身パックを選ぶか決めましょう。

先日、土日を使って引っ越しました。

新居に入った日、夕方、部屋の電気をつけて、「これからはここが自分の家だ」と嬉しくなりました。

こんなこともめったにないので普段は食べられないようなピザの宅配、お寿司、そしてお気に入りのワインで引っ越しのお祝いをしました。

新居での生活も楽しみいっぱいです。

引越しのサカイは、ただ今、引越しシェアのトップです、言ってみれば、引越しのサカイは、パンダマークが目につきます。

本社は大阪府堺市、引越しのサカイです。

やっぱり関西弁ですね。

作業が丁重なので、多くのリピーターを獲得中です。

きっかけは家の購入で、よそに行きました。

東京都から埼玉県へ転移します。

メンテナンス等でご厄介になっているディーラーの方にナンバープレートはどのように変更するのかと尋ねられました。

運輸局にて手続きをする必要があるようですが、やらない人も実際には多いそうです。

私も東京のナンバープレートのまましています。

引っ越し専門の業者さんに見積もりを出してもらったのですが、引っかかったことがありました。

荷物の中に液晶テレビがあったので、それだけ別に個別の保険をかけることになっているそうです。

荷物の中には40型の液晶テレビがあったので、買ったときに30万円以上した場合、運搬する前に保険をかけなければならないと言われました。

言われるままにおよそ1500円の保険をかけましたが、この対応はどこでも同じなのか他の方のお話を聞きたいです。

引越すとなったらそれ用の便利グッズを使いこなすと、時間と労力の節約になります。

その中には、いつでも使える便利なものが沢山あるので、買っておくことをオススメします。

近年は、100円ショップにおいても引越しに便利なアイテムが沢山店頭で見ることができますから、ぜひ取り入れてみてください。

独身時での引っ越しは、家具や電化製品も大きいものがなく、引越し会社に頼むことなくすることができていました。

だけど、結婚してから引っ越しを行うと、電化製品や家具などの冷蔵庫や洗濯機が大きくなり、とても大掛かりとなるため、引っ越し業者に依頼しました。

引っ越し業者に頼むと、家電の設置までしてくれるので、自力でするよりラクでした。

引越しを行うときには、ダンボールに荷物を入れていく作業は面倒に思っても、やらなくてはいけないことです。

その際にやっておいたほうが後々良いというコツは、重いもの、壊れやすいものは小さなダンボールに、軽くてかさばるものを大きめの箱に入れていくというポイントです。

また、荷物を入れた箱には品名だけでなく、運んで欲しい部屋もわかるように書いておくと引越しのときに、自分も業者も助かるはずです。

以前、自分の単身赴任の引っ越しを行ったときに、業者さんへの感謝の気持ちの心付けをいくらにしたらよいのか家内と話し合いました。

引っ越しとはいってもそれほどの荷物はなかったので作業のために来られた方は2人だけで、トータルでも1時間ちょっとの作業でしたので、そうそうおおげさな礼はかえっておかしいかと思い2人にペットボトルのお茶を渡したくらいで心付けについては今回は渡しませんでした。

国民年金の加入者が引っ越しを行なうと、年金手帳に記載されている住所を、新しいものに変更する手続きをしないといけません。

14日以内という期限のうちに、新居のある市町村の役所において年金手帳の住所変更を済ませてしまいます。

手続きに必要なものは、国民年金手帳と、印鑑です。

何かの事情で、本人が出向けない場合、委任状と代理人がいればしかるべき代理人が手続きを行なえます。

引越するとなると、電話に移転手続きも忘れないようにしましょう。

ですが、固定電話はなく、携帯電話に関して言えば、携帯ショップで住所変更するか、オンラインで手続きするかだけのことで、工事などは発生しません。

最近では若い人を中心に、固定電話は持たない場合がほとんどです。

引っ越しもいろいろな方法がありますが、私の場合は大きい家具だけ業者に運んでもらい、お金をかけたくないので、後は自分たちで持っていきました。

そうした荷物の移動を終えた後で、市役所に行って住民票の移動も終えてきました。

どうしてもばたばたするものですが、誰かがどこかで助けてくれてずいぶん助けてもらいました。

どうにか当日中にご近所に挨拶して、手続きも荷物の整理も山積みですが、一つずつ片付けます。

引越しを行ううえでの注意点はいくらかありますが、特に覚えておきたいのはごみ収集日を覚えておくことではございませんでしょうか。

引越し前の掃除の段階では、ゴミ収集日のタイミングと合わせてゴミを集めておきましょう。

資源ゴミや紙類の場合には収集日が月にたったの二度ほどの地域もあるので、出し忘れると後々大変になります。

数年前、新築の家を建てて引っ越ししたときに、デスクトップパソコンの移動にはいろいろな手立てを考えました。

実は、引っ越しの時、3歳だった娘と1歳だった息子の写真データの全てがパソコンのドライブに保存されていたので業者さんに運んでもらうとき、万が一のことがないよう幾重にもクッション材を巻いて箱に入れました。

パソコンが入っていることを知らせておいたためか、業者さんの扱いもとても丁寧で、傷もつかず、データも全て無事でした。

引っ越し作業の時に、ぜひ注意したいのは大きな荷物の扱いで、壊れやすい電化製品や、大きな家具には傷がつかないような工夫をしたいところです。

新居のためのインテリアとして買った新品家具などは、市販の緩衝材などもふんだんに使って運搬するべきなのです。

お気に入りの新しい家具を、新居に置けるとなると嬉しいものですが、それが細かい傷だらけだったりしたら、少し気分が落ち込んでしまうかもしれません。

今の家へと引っ越した時期は、まさに春の繁盛期でした。

とにかく引っ越し業者が大変で、なかなか自分の都合のいい日にスケジュールが取れず、大変苦労しました。

結局のところ、午前中ですべてのことを終了させるという大変なプランになってしまいましたが、そう言ってもどうにか引っ越し作業は完遂しました。